インターボルト理念



『デジタル資産へ世界初の安心をつくる』

ヒト・モノ・カネに続き、現代における情報は“資産“です。

情報革命により、情報の重要度は年々、価値を増して行っています。

インターネット上に価値を保存することができるようになり、
暗号通貨が産まれ、電子マネーなどの電子データにも大きな価値を持ちました。

暗号通貨は既に“暗号資産“と呼ばれています。
電子マネーは既に“当たり前の決済手段“となっています。。

しかし、近年、あらゆるデジタル資産を扱う企業でハッキングなどの事件が相次いています。

あなたが銀行にお金を預けた際に「取られたらどうしよう・・」と思いますでしょうか?
銀行のお金は安全に守られていて、たとえ万が一があっても大丈夫なように銀行は国や保険会社から補償を受けることができます。

銀行に対して、安全に資産を預けられることが普通なのです。


情報資産や価値が増す中で、
自分の情報を安心して保管できる場所が無い、現在の状況は「健全ではない」と考えています。

健全な保管ができればデジタル資産は更に価値を増すはずです。
我々は、
「理論上ハッキングがほぼ不可能な技術」と
「万が一の際の保険適用」
という特徴を持ち、

すべてのデジタル資産ユーザーに
銀行と同じように、“当たり前に安心して預けられる”
健全なサービスを作ります。