InterVault利用規約

最終更新日:2018年5月1日
この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,インターボルト合同会社(以下,「当社」といいます。)がこのウェブサイト(以下「本ウェブサイト」といいます。)上で提供するサービス「InterVault」(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)
本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用契約の成立)
1 登録希望者が当社の定める方法によって利用登録を申請し,当社がこれを承認してその旨の通知を行うことによって、利用登録が完了し、もって本サービスの利用契約が成立するものとします。
2 以下の各号に該当する事由がある方は本サービスを利用いただけません。
(1)本規約に違反したことがある場合
(2)未成年や成年被後見人であること等、行為能力を欠く場合
(3)第12条第1項6号に該当する場合
3 当社は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)申込内容に不備がある場合
(2)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(3)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(4)未成年や成年被後見人であること等、民法上の行為能力を欠く場合
(5) 第12条第1項6号に該当する場合
(6) その他,当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(届出事項の変更)
1 ユーザーは、当社に届け出た事項に変更があった場合、ただちに当社に変更事項を連絡するものとします。
2 ユーザーが前項の連絡を怠った場合に被る不利益や損害について、当社は一切の責任を負いません。

第4条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)
1 ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。
2 当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

第5条(サービス内容)
本サービスの内容は当サイトにてご案内するとおりとします。

第6条(利用料金および支払方法)
1 ユーザーは,本サービス利用の対価として,当社が別途定め,本ウェブサイトに表示する各種利用料金を,当社が指定する方法により支払うものとします。
2 ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第7条(解約)
1 ユーザーは、本サービスの解約を行おうとする場合、本ウェブサイトに定める窓口宛に申し出るものとします。
2 前項の場合において、利用料金の返金については当社が別途ご案内するとおりとします。

第8条(利用環境)
ユーザーは、本サービスを、当社が推奨する環境の下で利用するものとします。

第9条(お問い合わせ)
本サービスの申込みや利用にあたってのお問い合わせの方法・時間帯・窓口は、別途当社が定めるとおりとします。

第10条(秘密保持義務)
1 ユーザー及び当社は、本サービスの使用に関連して知り得た相手方の営業上及び技術上の情報等(利用登録時やお問い合わせ時にユーザーまたは当社から開示された情報を含みますが、これに限られません。)を秘密として取扱い、相手方の書面による事前承諾なく第三者に開示したり、本サービスの利用及び提供の目的以外に使用したりすることはできません。ただし、法的に開示の義務を負う場合や法律により秘密保持義務を負う弁護士等の専門家に開示する場合を除きます。
2 前項の規定にかかわらず、次の各号の一に該当することを証明できる情報については秘密として扱わないものとします。
(1)開示時に既に公知となっていた情報、またはユーザーが既に保有していた情報。
(2)開示後に第三者から守秘義務を負うことなく正当に人手した情報。
(3)開示後にユーザーの責に帰さない事由により公知となった情報。
(4)開示された情報によらずして、独自に開発した情報。

第11条(禁止事項)
ユーザーは,本サービスの利用にあたり,自己又は第三者をして、以下の行為をしてはなりません。
(1)ユーザー登録に際して真実と異なる情報を届け出る行為
(2)他のユーザーIDやパスワードを用いる行為、その他、他のユーザーになりすます行為
(3) 他人に自己のユーザーIDやパスワードを譲渡または貸与する行為
(4) 当社の知的財産権を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
(5) 本サービスを構成するプログラム及びデータに対して、リバースエンジニアリング、逆コンパイラ、逆アセンブル、不正アクセス、破壊、消去、及び改ざんを行う行為
(6) コンピュータウィルス及びその他有害なコンピュータプログラム等を送信する行為
(7) 当社のサーバーに著しい負荷又は支障を与える行為、ないしネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為またはこれらのおそれのある行為
(8) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害するなど、当社のサービス運営を妨害するおそれのある行為
(9) 本サービスの利用に関して当社から行う指示に従わない行為
(10) 他のユーザーに関する情報を収集または蓄積する行為
(11)暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、または、取引に関して脅迫的な言動ないし暴力を用いる行為
(12) 当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(13) 上記のほか、当社が禁止して告知した行為

第12条(利用制限および登録抹消)
1 当社は,以下の場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消し、もって本利用契約を解除することができるものとします。
(1)利用料金の支払いが遅滞し、当社が催告しても相当期間内に支払われない場合
(2) 前条の禁止行為に該当する行為を行った場合
(3) 前号のほか、本規約のいずれかの条項に違反し,当社が催告したにも関わらず是正しない場合
(4)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(5) ユーザーの届け出た連絡先に連絡を行って回答を求めても14日以内に回答がなく,連絡が取れない場合
(6) ユーザーが,暴力団,暴力団員,暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者,暴力団準構成員,暴力団関係企業,総会屋等,社会運動標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等,その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当し,または次のいずれかに該当することが判明した場合
・暴力団員が経営を支配していると認められる関係を有すること
・暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
・自己,自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど,不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
・暴力団員等に対して資金を提供し,または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
・役員または経営に実質的に関与している者が暴力団等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2 前項により、本サービスの全部もしくは一部の利用が制限され、またはユーザーとしての登録が抹消された場合、これら当社の措置に応じて、ユーザーは本サービスを利用することができなくなります。
3 当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第13条(本サービスの提供の停止等)
1 当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う必要ある場合
(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
2 当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被った不利益または損害について,原則として責任を負いません。ただし次条によっても免責されない場合にはこの限りではありません。

第14条(免責事項)
1 本サービスは現状有姿の状態で提供されます。当社は本サービスの提供にあたり、技術上や組織管理上において細心の注意を払っておりますが、本サービスが完全であること(たとえば、システムに脆弱性や欠陥がないこと、その他の事故が起こらないこと等を意味します。)を保証するものではありません。
2 当社の債務不履行責任、不法行為責任、その他一切の法的責任は,当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。ただし、事業目的を持たないユーザーに対してはこの限りではありません。
3 当社は,何らかの理由によって法的責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。ただし、事業目的を持たないユーザーに対し、当社に故意または重過失がある場合にはこの限りではありません。
4 当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。
5 ユーザーIDおよびパスワードが第三者に使用されたために生じた損害については、当社は一切責任を負いません。

第15条(サービス内容の変更等)
1 本サービスは、サービス内容の拡充、仮想通貨に関する技術・市場の変化、利用状況、その他の理由により、合理的な範囲内で変更することがあります。
2 当社は,本サービスの内容の変更によりユーザーまたは第三者が被った不利益または損害について,原則として責任を負いません。ただし前条によっても免責されない場合にはこの限りではありません。

第16条(利用規約の変更)
当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなく本規約を変更することができるものとします。

第17条(通知または連絡)
ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法によって行うものとします。

第18条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第19条(退会)
1 ユーザーは、ユーザーのウォレットの残高がゼロの場合に限り、こちらのフォームから、退会手続きをとることにより、本サービスの利用を終了することができます。なお、本サービスのシステム上、ユーザーによる退会申込みが完了してから、その手続きがシステム上に反映されるまで、当社所定の時間が必要な場合があり、会員はこれに同意するものとします。
2 前項の規定により、退会した場合には、ユーザー情報は削除されるものとします。
3 当社は、前項のユーザー情報が削除された場合による一切の責任を負いません。

第20条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項またはその一部が法令等により無効と判断された場合であっても、本規約のうち当該無効と判断された部分以外については継続して完全に効力を有するものとします。

第21条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第22条(協議)
本規約に定めの無い事頃または本規約の各条項について疑義が生じた場合には、ユーザーと当社は誠実に協議し、解決を図るものとします。